自転車

ロードレーサーとパーツ(コンポ)について

どうも、先日は2018年ツアーオブジャパンの東京最終ステージに行ってきましたHachiです。

驚くほどロードの装備がどんどんグレードアップしてました!

やはり平坦なレースだとディープリムホイールは必須ですね。(いつかディープリムホイールについてもお話ししますね)

2年ぶりに観戦したのでいい休日になりました。

今回はロードレーサーとその装備についてお話しします。

まずこの前お話しした内容で、

ロードレーサー(完成車)と書きましたが

これは全てのパーツを装備し、簡単なメンテナンスを行えば、すぐにでも乗れる状態のロードレーサーの事を指します。

初めての方でいきなりフレームとホイールやパーツを組み合わせて作る、というのは知識と経験がないとかなり厳しいと思いますので、まずは完成車のロードから試乗してどんな感じが確認して見ましょう。

フレームの素材にも何種類かあり、

・アルミ

・カーボン

・クロモリ(中級者以上が選ぶ)

がほとんどです。

⚫︎アルミについて

安価で重さも軽く買いやすいのはアルミで最近では10万円前後で買えたりもします。

ただ道が悪いとその振動が直接伝わってくるので、乗り心地は悪いと言えます。

その点カーボンは軽くて振動吸収に関しては抜群に良いと言えます。

ただ私が高校生の時に買ったフルカーボンと呼ばれるロードレーサーは16万8000円(税込)でした。

●フルカーボンとは

フレーム、フロントフォーク(ハンドルと前輪を繋いでいるパーツ)も全てカーボン素材できているものを指す言葉です。

フルカーボンをその金額で買えたことはかなりお得で、安くてもやはり20万円〜が一般的な価格になります。

安いカーボンは重量があるのでネットだけのデータや価格で判断せずに、気に入った自転車が置いてある自転車屋を探して、触って乗って確認しましょう。

※身長によってフレームサイズも異なるので注意!

⚫︎クロモリの良さ

クロモリに関してはアルミとカーボンに比べて重量がありますが、振動などの衝撃も吸収してくれるのと、カーボンとは違い力の伝達力が良く、エネルギーのロスが少ないです。

中級者以上と書きましたが、初心者で選ぶ人はほとんどいないと思われます。

ちなみに私の通っていた高校にはありましたが、家に持って帰る事を考えて軽いアルミのロードを選んで使用していました。

(サイクルワールドの黄色いモデルで9段変速の時です。)

それとクロモリを選ぶ方法としては、自分の脚質や走る道、保管の場所などを踏まえた上で、買い換える時に考えるというのが良いかと思います。

●完成車に付いているパーツ(コンポーネント略してコンポ)

次は元々完成車に付いているコンポにもグレードがあります。

仕様はほとんど変わりませんが、単純に重さが違ったり、上位モデルはワイヤレスでギアを変えることができるなど、年々進化しています。

もし日本でロードを買うとしたら、ほぼSHIMANOになると思います。

これはかなり大きな理由があります。

⚫︎なぜSHIMANOが人気?

例えばもし色んな会社が独自のコンポを作って、そこそこに流通してしまうと、買い換える時に違う会社だと整合性がなく、全てのコンポを買い換える必要があります。

あとはレースなどだとレースの主催者が予備で用意してくれる交換用ホイールなどとてつもない数を用意しないといけなくなるので、ほとんどロードはSHIMANOのコンポを使っています。

あと有名なところだとカンパニョーロというイタリアのメーカーです。

この2社でもギアの変え方が違ったり、チェーンの間隔やギアの間隔も全く違います。

SHIMANO内でも9段変速、10段変速、11段変速のギアは歯の厚みが違うので、チェーンもそれぞれ専用のものに変えないといけません。

※もちろんホイール(後ろ側のギアパーツのスプロケット)も専用のものが必要となります。

そんなややこしそうなコンポですが、基本的にお店の人は自分の知識を話したい人が多いので、どんどん聞いて仲良くなって、お店の人から練習に誘ってもらえれば嫌でも詳しくなります笑

●SHIMANOコンポのグレード

SHIMANOと聞くと釣り竿のメーカーだよね?と思う方もいるかもしれません。

実は自転車のパーツも作ってますよ^_^

名前を挙げるとホイール、コンポーネント(デュアルコントロールレバー、キャリパーブレーキ、ブレーキシュー、クランク、ペダル、ボトムブラケット、フロントディレーラー、リアディレーラー、ギア各種、スプロケット)などなどがあります。

グレードは上から順番に

①DURA-ACE(デュラエース)

②ULTEGRA(アルテグラ)

③105(イチマルゴ)

④Tiagra(ティアグラ)

⑤SORA(ソラ)

⑥Claris(クラリス)

⑦Tourney(トゥアニィー)

とありますが、レース仕様にされる方やお金持ちの方は①②③がオススメです。

趣味程度でもいいという方は④⑤⑥⑦と言ったところですね💡

ちなみにこの前アップした写真

これはクランク以外は全てDURA-ACEで組んでます。

※クランクについては最後に書きます。

●なぜレース仕様は105以上からなのか?

理由は単純です。

先程ギアの葉の数でチェーンを変えないといけないと言いましたが、

まさに互換性があるのが105、アルテグラ、デュラエースなんです!

今では11段変速が当たり前ですが、上位のこの3つのモデルは11段変速用のパーツを作っています。(ティアグラ以下は10段や9段変速)

なので特にパーツの互換性を気にせず、パーツを1つだけ変えたりすることも可能。ロード仲間と部品の交換も出来たりします。

交換の例をいくつか挙げると、105のコンポに

⚫︎ブレーキだけDURA-ACE

⚫︎ディレーラーだけULTEGRA

⚫︎チェーンだけDURA-ACE

など交換可能です。

私の場合は、ヨーロッパにレースに行くという友人とクランク(175mmの物と170mm)を交換しました。

DURA-ACE(53-42)からコンパクトギア(50-34)です。

この場合は10段変速同士のパーツなので問題なく交換ができました。

ざっと話すとこんな感じです。

ではまた次回(^∇^)