自転車に乗るときに知らないといけない14のルール

自転車に乗るときに知らないといけない14のルール

どうも、Hachi(はち)です。

まず最初に自転車に乗る時のルールについてお話しをします。

1つ理解をしていただきたいことがあります!

私たちは道を歩けば歩行者という立場になり、車に乗ると乗用車という立場、自転車だと軽車両という立場になります。

自転車に乗っているとつい歩行者の気分で運転してしまうことがあると思いますが、乗り物が変わると『あなたの立場が変わる』ということをしっかり認識してから読んでいただけると理解しやすいかと思います。

▪️自転車に乗る時のルール

まずは自転車に乗る時のルールからお伝えします。

2015年6月1日に道路交通法の改正がありました。

それによって次のことが改正され、危険な項目としてあげられています。

①信号無視

②遮断踏切立入り

③指定場所一時不停止等

④歩道通行時の通行方法違反

⑤制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

⑥酒酔い運転

⑦通行禁止違反

⑧歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

⑨路側帯通行時の歩行者の通行妨害

⑩交差点安全進行義務違反等

⑪通行区分違反

⑫交差点優先車妨害等

⑬環状交差点安全進行義務違反等

⑭安全運転義務違反

と色々ありますが、人為的なことは除いて(①と⑥、後はイヤホンつけて運転や、携帯触りながらなど)

ついやってしまいがちだけどあまり知られていないことを挙げると、

・自転車は歩道を走っていけない(13歳未満と70歳以上や身体障害者と例外を除く)

・車道を走る時は左側通行を守る(逆走NG)

・車道は一番左側しか走ってはいけない

・停止線超えて停止することはダメ

・踏み切りの音が鳴ってから通行することはダメ(歩行者も含む)

・歩行者をあおったり、ベルを鳴らして道を開けてもらおうとする行為もダメ

・右折する場合は基本的には二段階右折を行わないといけない

・2人乗りがダメなのはもちろん、2人以上で横並びで走ることもダメ

・傘を差して走る行為もNG

・暗い時に無灯火運転もNG

などがあまり認知されていないのではないかと感じています。

新しく改正された道路交通法の罰則や罰金に関して簡単に話すと、

一度違反をして3年以内にまた違反をすると、安全講習を受講する義務が伴います。(ちなみに安全講習費は5700円。講習時間は3時間)

安全講習とかやってらんねーよって言う人は、裁判所に呼び出され、五万円以下の罰金を払う羽目になりますので、ご注意ください。

違反をして罰金を払うくらいなら好きな女の子にプレゼントを買ってあげた方がいいと思います笑

なので気をつけて運転しましょう。

個人的には車道を走らないといけないので、街乗りの自転車でもヘルメットは最低限被る事をオススメします。

※本当かどうかわかりませんが、頭はスイカみたいに意外と簡単に割れるそうです。

次回はロードレーサーのことについてお話ししたいと思います。

Hachi

自転車カテゴリの最新記事