ロードに乗る時の心得

ロードに乗る時の心得

どうもHachiです。

やっとロードレーサーについて話せますね笑

まずロードレーサーを始めたいと思った時に、趣味程度で始められたいのか決めることが第1段階です。

競技者として始められたいのか趣味程度に楽しむのかにもよって話す内容や順序が変わってきたりしますが、

まずは装備が無いとなにも始められないので、これがあれば最低限走れるというレベル(簡単なメンテナンス道具も含む)をお話ししますね。

■ロードレーサーを始めるにあたり必要なもの一覧

・ロードレーサー(完成車)

・ビンディングシューズ(ペダルのタイプに合うビンディングSPD-R、SPD-SL、LOOK、Speed Playなど)

・クリート(ビンディングシューズの裏に金具で取り付けるペダルと靴を固定するパーツ)

・ヘルメット(頭の形が人それぞれ違うので必ずお店でかぶって確認すること)

・サングラス(オークリーがオススメ)

・スピードメーター(CAT EYEで充分)

・前ライト、後ろライト(夜に走る場合は必須)

・ワイヤーロック

・六角レンチセット(3ミリ〜10ミリ)

・仏式バルブ対応空気入れ

・チェーンオイル、布切れ

・予備タイヤ1本、予備チューブ2本、パンク修理セット(タイヤレバー2本)

・ボトルゲージ、ボトル(500ml一本)

・ウェア、レーサーパンツ、インナー、(ヘルメットの中にかぶる帽子)

・グローブ(レースでは必須)

意外とありましたね。。。

後はグーグル先生に頼って頂ければ、どんなものか値段はいくらなのかわかると思います笑

イメージとしてはこんな感じです。 笑

やはりロードレーサーは軽く漕ぐだけでもスピードが出やすいのでスピードメーターは必須です!

自分の目で数値を見て速度が早すぎないか見ておかないとかなり危険です。

■ここからはロードレーサーに乗る上で必要な考えや知識をいくつか紹介していきます。

①かもしれない走行を心がける。

これはいつ何が起きても冷静に対処できるように、常に頭の片隅に考えておいて欲しいことを挙げます。

・車が幅寄せしてくるかもしれない

・歩行者や自転車が飛び出してくるかもしれない

・踏むとパンクする恐れのある石や木材が落ちているかもしれない

よくある危険なシーンだとざっくりとこんな感じです。

常に危険と隣り合わせということは忘れず、ロードのメンテナンスやヘルメットの紐は緩くないか割れていないか毎回の確認が必須。

落車等でヘルメットにヒビが入った場合は、お金がかかってしまいますが、必ず新しいヘルメットに買い替えましょう。

※一度でも落としてしまうと小さなヒビが入り、衝撃を吸収できなくなってしまうためです。

②常にペダルを漕ぐ(足を回す)

これはママチャリ(街乗り自転車、ある地域ではケッタマシーンとも言うそうです。)ではあまりやったことは無い人が多いと思います。

なぜ常に足を回すのかわかる方はスポーツに長けていらっしゃる方だとお見受けします。

はい、その通りです。

医学的に合ってるかわからないですが、私が学んだことは

『足に溜まった二酸化炭素を血液に乗せて疲労回復を促す為に足を動かし続ける』

ということをどの先輩もどの同級生も言っていました。

③引き足の重要性

ペダルを踏んで漕ぐことも同時にお話しします。

タイムトライアル(1kmTT、3kmTTなど)でもこの走り方を行います。

時計で例えると10時から8時まではペダルを踏んで後は惰性。

7時から4時くらいの時に後ろに足を引くことで、回転率を維持しスピードを保つ(落ちにくくする)。

すると反対側の足がちょうど10時に来るので、また8時まで踏んで後は惰性。また7時から5時くらいの時に引き足を使いペダルを回していく。

この走り方は体力温存と好タイムを出すためには必要なことなので、ぜひ練習を重ねてみてください。

いつかリクエストかなにかあれば競輪場で練習する時のマナーやバンクの走り方などお話しできたらいいですね💡

ではまた次回🖐

自転車カテゴリの最新記事